コンテンツへスキップ

裏紙が使えなくなってしまった

企業内でコピー用紙の使用を削減するISOの一環といたしましてずっと裏紙も利用することが義務図けられておりました。

裏紙はコピー用紙として使いましたり、メモ用紙に使ったりと様々な利用方法があったのです。

しかし、情報流出につながりかねない、という事から裏紙の使用禁止が決まってしまったのです。

なんだかもったいないものです。

すべての裏紙が使えなくなってしまったのです。

社外秘や重用な文書以外でも、すべての裏紙の使用を禁止する、という企業内の命令には驚きました。

当然シュレッダーにかける文書は多くなり大変な時期が訪れました。

しかしコピー用紙自体を削減するために、紙ベースからデータベースへと移行が行われています。

データ管理が重要な役割を担うのですがここに問題もあります。

データのバックアップをもちろんとっているのですが、バックアップファイルを正しく戻すという作業が意外に難しいのです。

用紙の削減は意外と難しいように思います。

データはやはり紙よりも保存が難しいのが実情です。